諸堂案内

当山は飛騨地方の東に位置し、古くからこの山全体が信仰の対象となってきました。
ですから、千光寺とは【本堂、庫裡(くり)等の建物だけではなく、この山全体】のことでもあります。

従いまして、参拝していただく際には、この山のエネルギーや空気、森林の生命力自体をも感じていただきたいと思います。
そのためには、途中下車して、歩いてお参りしていただくことをお薦め致します。

具体的な途中下車の場所としては、まず山腹の五本杉があります。
樹齢1200年、このお寺の歴史を刻んできた大木です。

ここを起点に、山内88ヶ所の巡礼もできます(1周3時間くらい)。

またその少し上にお寺の入り口、仁王門があります(五本杉から歩いて仁王門へ行くこともできます)。

時間があり、健脚である方は、なるべく、この五本杉や仁王門からお参りください。
車道以外は無舗装の場所や急峻な場所もありますので、歩きやすい服装や靴をお勧めします。

①本堂(ほんどう)


永禄7年(1565)の武田来攻によって一山伽藍は焼失している。その後、飛騨を平定した金森長近は信州に逃れていた、亮輝、玄海に命じて再興をはかった。亮輝代には一宇の本尊安置の堂宇を建立したが、十分なものとはいえず、中興第六世舜慶法印の代、萬治2年(1659)9月に現在の本堂(観音堂とも呼ぶ)を再建した。本尊は十一面千手観音菩薩、1寸8分の秘仏は7年毎に開帳される。血染め天井・双龍図には2つの由緒があり、かつて別の屋敷にあった戦国武士切腹の床板を、本堂再建時に供養のために使用した。この際、狩野探雪(探幽次男)が、この天井に龍二双を書いた。

本堂・庫裏 拝観料

大人(高校生以上):300円

②庫裏(くり)

本堂再建後に順次再建され、持仏堂には歴代住職と檀信徒の位牌などが祀られている。
この他、太い梁が使われた吹き抜けの構造になっている囲炉裏の間(いろりのま)は参詣者の接待、休憩所として使われていた。
円空上人もこの場で暖を取りながら、住職・舜乗和上と親しく談義し、仏像を刻んだのだろう。

③愛宕社鎮守堂(あたごしゃちんじゅどう)


当山の鎮守を祀る。建物は本堂よりも古く、天正17年ころ再建され、寛政5年(1793)と平成元年に大規模な修復が行われている。愛宕神は火防・火伏の神であり、勝軍地蔵を本地仏とするところから、武神としての信仰もあった。

④バザラホール=金剛堂(国際平和瞑想センター)


臨床瞑想法など人間性回復のプログラムの研修を中心として、人々の心の平穏と世界平和を祈る活動の拠点として令和元年(2019)に建立された。

各種研修や修行の他、300人規模の宗教典礼や講演会、コンサートなども開催できる。
本尊は大日如来、その両脇や道場内にはアジアの仏教圏の仏像や曼荼羅なども安置されている。
中央には、境内で切出された樹齢150年の杉の丸柱があり、それを中心にラビリンス(歩く瞑想の道)が敷設してある。
瞑想研修・施設使用等の詳細はこちら

⑤円空仏寺宝館(えんくうぶつじほうかん)

千光寺の寺宝や周辺の自然環境保護を目的とした展示を行うために、昭和52年(1977)に建設された。
現在は主に、江戸時代の僧・円空上人作の円空仏(64体)の他、数々の寺宝を管理・展示している。円空作「両面宿儺坐像」・「三十三観音(観音立像群)」・「賓頭盧像」・「袈裟百首」などを常設展示している。
寺宝館の詳細はこちら

⑥極楽門(ごくらくもん)

かつては仁王門と呼ばれ、永禄7年の一山焼失後に、仮門が建立され、現在の門は、焼失から450年という節目にあわせて、平成25年(2013)に再建立されたもので、通称も極楽門と改められ、天井には飛騨の花々や飛天像が描かれている。
両脇を固める金剛力士像(仁王像)は、春日仏師の作とされ、当山住職が別当職を務めていた飛騨一宮水無神社に安置されていたものが江戸後期に遷座されており、再建立に併せて修復された。
また、門を抜けて本堂へ続く百八段の石階段なども整備された。
かつて円空上人は、この門付近の欅(けやき)に立木仁王像(現在は円空仏寺宝館に安置)を顕造したとも言われている。

⑦納骨塔(のうこつとう)


檀信徒らの納骨を受けるために平成元年に建立された。下から立方体、半球、九輪塔を重ねた独特のつくりは、密教系の寺院に見られる多宝塔形式である。現在は檀信徒に限らず、広く一般からも納骨を受けている。本尊は釈迦如来を安置しており、内部には西側からステンドグラスの光が差し込む。(納骨についての詳細はこちら

⑧パゴダ・仏塔

パゴダとは仏塔の英語表記であり、サンスクリット語ではストゥーパと言う。アジアの仏教圏にある仏塔と同じく、法舎利や経典を安置するための建物である。
当山の仏塔は令和2年に篤信者の寄進によって建立され、本尊にはカンボジアの釈迦仏、その前にスリランカの仏足石を安置している。

⑨開山・両面宿儺堂(りょうめんすくなどう)


千光寺が仏教寺院として成立する以前に、古代の飛騨を治め、当山も祈りの場所として開いたとされる、伝説の人物・両面宿儺(りょうめんすくな)を祀る。日本書記の中に「宿儺」という名前で登場し、前後に顔と手足が4本ずつある異形をなし、大和朝廷に与しない逆賊として討伐されたと記されている。

一方で、千光寺を中心に、飛騨を開拓した有力者としての伝説が残っており、丹生川町日面・善久寺、金山町・観音堂、関市下之保・日龍峰寺などにも伝わっている。
慶長3年(1598)に建立された土蔵のお堂で、中には石造の宿儺像が安置されており、前後の小窓からぞれぞれの顔を拝むことができる。

⑩護摩堂(ごまどう)

密教において特に重要な儀式である護摩(ごま)の秘法を行うお堂。中心にある護摩壇に火をつけ、供物や護摩木を投じて本尊に供養を捧げ、祈願を行う。本尊には不動明王を安置し、両脇には西国三十三観音霊場の諸尊を祀っている。(祈祷・回向について→

⑪けさやま会館

檀信徒が利用する会館として昭和35年ごろに建てられた。現在は法要時のお斎会場や研修等参拝者の休憩スペースとして使われている。

⑫鐘楼堂(しょうろうどう)


かつて時を告げていた、鐘は天文15年(1546)に当時の領主・三木直頼が寄進したものがあり、鐘楼堂の場所は山の中腹(鳥越と呼ばれる付近)にあった。永禄7年の武田軍来攻の折には、釣り鐘が真っ赤に焼けて山を転げ落ち、武田軍を悩ませたとの伝説がある(現在は円空仏寺宝館安置)。

現在の建物は江戸時代の再建で、釣り鐘も太平洋戦争後、昭和 年に鋳造されたものが使用されている。

⑬薬師遍路堂(やくしへんろどう)

かつて下保白山神社の拝殿として使われていた建物を、太平洋戦争後、薬師如来の遷座に伴って移築されたもの。平成6年(1994)に篤信の大工によって修復された際、四国八十八ヵ所遍路の各寺院の本尊と写真が掲げられて、薬師遍路堂と呼ばれるようになった。

本尊には弘法大師像と塑像の薬師如来立像、天井にはインド・ブッダガヤで作られた釈迦仏が安置してある。

⑭弁天堂(べんてんどう)

弁天池の中央に祀られている。弁天は弁財天(弁才天)とも呼ばれ、七福神の一人でも知られている。

もともとはバラモン教・ヒンドゥー教の「河をつかさどる神」が仏教に取り込まれたもので、豊穣をもたらす存在として信仰されていた。日本では時代によって、武運、水・豊穣、金運・財運、学業・技芸、女性守護・縁結びなどの信仰と結びついている。

年中枯れることのないこの池には5月ごろには山に住むガマガエル(地元では「どうさい」と呼ぶ)が集まってきて卵を産み、6月ごろにはモリアオガエルの卵も見ることができる。
ここの弁天様は水・豊穣、縁結び・子孫繁栄に利益があるようだ。

⑮六角瞑想堂(ろっかくめいそうどう)

八十八ヵ所遍路道からさらに、山を登り、三角点付近に建てられている六角柱の形をしたお堂。
平成15年(2003)建立。東に乗鞍岳、南に御嶽山、西に白山という3つの霊峰が眺められる位置にあり、大自然のエネルギーを感じながら、瞑想が行える場所になっている。

⑯五本杉(ごほんすぎ)


国指定天然記念物。樹齢約1,200年、樹高約50m、幹の周囲12mの杉の大木である。一つの株から地上約6m付近で3本に分かれ、さらに上部で2本が分かれ、5本が同じ位の太さで直立している。
乱世の戦禍を生き延びた千光寺の信仰の歴史を物語る証人である。

幹にかけられている大注連縄は、7年毎に行われる本尊の御開帳法要の際に、地元檀信徒の若者らによって新しく付け替えられている。

⑰~⑲八十八ヵ所遍路道(1番~88番)

明治期に作られた巡礼の道は、五本杉を起終点として、一周約3㎞、高低差約300mの登山道に添って八十八個の祠が点在し、それぞれの祠には四国八十八ヵ所の各札所のお砂とともに、本尊と弘法大師の石像が祀られている。

信仰・祈りの道として、地元檀信徒によって丁寧に整備されてきている。

五本杉から極楽門まで(1番~23番)は急登が続き、百八階段を登って、本堂に至る。
24番を過ぎ、弁天堂から再び山道に入り、愛宕堂を経て、38番を最高点に、あとは緩やかな下りとなる。

68番を過ぎて、大事門駐車場を横切り、69番から80番まで緩やかな下りとなり、日露戦争戦没者碑を経て81番からやや勾配のきつい坂を下り終えると、五本杉駐車場に出て88番に至る。

 

年中行事