祈願

千手観音 祈祷

本堂本尊の千手観音は正式には「十一面千手千眼観自在菩薩」と呼び、千の手の平と、千の眼によって悩み苦しむ人々を見つけて救いを差し伸べてくださる広大な慈悲と功
徳の仏さまです。

また、手には様々な法具を持ち、目的と求めに応じてさまざまなものが備わっており、十一面のお顔は、救う相手に応じて必要な表情を見せるということの現れです。

その御利益は、所願成就つまり、延命長寿・病気平癒、家内安全、商売繁盛などあらゆる現世利益を網羅し、特に、夫婦円満や恋愛成就・子宝安産に功徳があります。

不動護摩 祈祷

密教において重要な祈りの秘法である、護摩(ごま)では、護摩壇に火をつけ、供物や護摩木を投じて本尊に供養を捧げ、祈願を行うことで、祈る者に強い加護と功徳をも
たらします。

本尊としてまつられる不動明王は、しかめた恐ろしい顔をして、正しい仏教の教えを表す鋭い剣と、何物も強く引き付ける鎖をもち、大磐石と呼ばれる、堅固な
土台の上に立ちすくんでいます。

大日如来の化身として表れており、悪人や融通の利かない理不尽をも善道に引き付ける、力強い仏さまです。
その御利益は厄除開運、悪魔退散、修行者守護、戦勝などの現世利益全般に功徳があります。

供養

供養とは、仏や人の魂に対して、花や香、飲食、燈明などの供物とともに真心をささげることを指しています。

森羅万象に魂が宿ると考える日本人らしく、動物や愛用した物品に対しても使われています。

特に、先祖供養においては、亡き人や先祖に代わって善い行いを積むことが供養につながることから、追善供養とも呼びます。今を生きている私たちが、感謝と報恩の気持
ちで祈ることは、私たちも過去世の人から祈られていることを意味します。

タイミングは故人であれば、年忌や命日などがありますが、思い立ったらいつでも良いといえます。
当山では、先祖や故人の供養を行うとともに、広く納骨も受けております。また、動物、愛用品の供養も行っております。

開眼・発遣、地鎮祭

お墓やお仏壇・位牌、仏像には魂の供養が特に重要と考えられています。新築・新造に当たっては、魂を招く開眼作法(かいげんさほう)が、修理・移転・廃棄に当たって
は魂に帰っていただく発遣作法(はっけんさほう)を行います。

これは、自動車・家や土地の工事や改良に当たっても、同じことが言えます。家や土地に対しては、地鎮作法(じちんさほう)、自動車には安全祈願作法を行います。

いずれの物事もこれまで大切に扱ってきた、あるいはこれからも大切にしていくものであるからこそ、丁寧な供養が肝心なのです。

体験

瞑想

瞑想とは、古来は瑜伽行(ゆがぎょう)という修行の方法で、心を沈めてありのままの自分と世界を見つめ、集中して思いを巡らせる中で、進むべき道や生き方に気づいた
り、決意を固めたりすることにつながります。

ヨーガにも派生するこの方法は、基本は呼吸を整えるところから始まり、座ったり、歩いたり、時には寝転んだりと様々な体勢や形態をとりながら、目的や段階に応じた手順を、身に着けていきます。

当山では、独自開発の臨床瞑想法を中心に、日常で使用できるリラクゼーションとしての簡易な瞑想から阿字観と言った本格的な密教瞑想までを体験することができます。
(瞑想体験の詳細はこちら→)

写経・写仏

お写経とは、仏の言葉を書き写すこと。一字一句に願いを込めて丁寧に書けば、心の雑念を払い、安らかにさせてくれます。当山では「般若心経」や「ご宝号(ひらがな
)」の他、写仏も用意しており、小学生くらいのお子様から体験が可能です。
写経奉納料 1枚1,000円(写経用紙込み、筆貸し出し可)

遍路

お遍路とは、遠く離れた地へ赴き、自身の鍛錬や他者の供養のために祈りながら歩く修行のことを指します。

四国八十八ヵ所や西国三十三観音霊場などを始めとして、日本各地に巡礼の道が開かれています。

当山にある八十八ヵ所遍路は明治期に開かれた巡礼の道で、1周約3kmながら、高低差300mと起伏に富んだ登山道には、八十八の祠が点在し、四国八十八ヵ所の各札所のお砂
と共に、石造の本尊と弘法大師像が祀られています。

健脚であれば、2時間程度で、ゆっくり巡る場合は4時間ほどで1周できます。

この遍路道はどなたでも、自由にめぐることができます。案内が必要な場合は問合せ下さい。